東京学芸大学漫画研究部blog
東京学芸大学漫画研究部の告知ブログ
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
辣韮の皮@富山伸彦
少しだけ間が空いた気がするので自重せずにレビュー。

昨今のマンガアニメの中には少なからずオタクなキャラが登場しますね。今期でいうなら「生徒会の一存」とか。ちょっと前でいうなら「らきすた」とか。その背景にはメタ性とか感情移入のしやすさとかオタクの青春への憧れとかいろいろな要因があるんでしょうけど、そういうオタクの自己慰撫を正当化する流れを作ったのはおそらく「げんしけん」だろうと思います。

ゆるい文化部なりの青春像みたいなものを描いた最初の作品はおそらく「究極超人あ~る」ですが、その頃はまだパロディとしての屈折を持っていました。サンデーらしい話です。
そして源流がそこにあるとしても、それが明確な流れとして表面化するのは2000年前後、要は社会が広くオタクというものを認識しだした時期です。エヴァブームなんかの存在も大きいでしょう。(実は90年代初頭にオタクの用心棒という作品もありましたが。)
「進め!!聖学電脳研究部」や「全日本妹選手権!!」、「妄想戦士ヤマモト」なんかが当時の作品では有名な部類でしょうか。基本的にこれらの作品はオタクであることを一種のギャグとして扱い、ギャグマンガらしい過剰な所作とオタクネタのエッセンスで共感と笑いをとるつくりになっていました。
それらに比べると「げんしけん」は恋だったり対立だったり成長だったりみたいな青春臭いエピソードを織り交ぜた、わりと直球な群像劇としてヒットしました。ギャグとして屈折せずにオタクの楽しさを全肯定するようなつくりになっているあたりが特異さであり魅力でもあるのでしょうね。本当にオタクをこじらせている人間からすればなんというかウザいですよね。「こみっくパ~ティ~」なんてゲームもありましたね。
「げんしけん」が描いた楽しさから青春の痛みを脱臭し、萌えキャラを交えることでライトに楽しませるようにしちゃうあたりが最近のオタクを描く作品が持つ限界なんだろうなぁ、とか思います。

さて、そんな中で今回紹介するのは、2000年にスタートし、先日ついに完結し最終巻が出たオタク四コマ、「辣韮の皮(らっきょうのかわ)」です。ある意味でゼロ年代と並走しきった作品とも言えますね。
>>続きを読む
スポンサーサイト
百舌谷さん逆上する@伸彦
全裸で寝るのがキツくなったかわりに、多少風呂に入らなくても平気な気がしてくるこの季節、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

おとなりのブログに比べてこっちは行儀がいいなぁと思ったのでぶち壊しにしてみたよ、伸彦です。いやしぶんけん製作日記だってこういうヒドさは持ち合わせてないと思いますけど。時候の挨拶は難しいですね。
とみ君が律儀にパスを教えてくれたので折角だからなんかレビューを書いてみようかと。つまり僕がここで如何なる珍言妄言を吐こうとも、「何故教えたし」的にとみの責任になるワケですね。気分を害された方はとみをジト目で見ましょう。そして耐えかねたとみが僕を刺すという形でピタゴラスイッチが完成します。めでたしめでたし。

ちょっとおとなり佐々くんの立て板ウォーターなトークに微細な嫉妬を感じたので張り合ってみる自分が情けないね。五年生が一年生にムキになっちゃダメだゾ♪

そうだ、レビューがしたいんだった。最近はサンデーが脳内で熱いので、『はじめてのあく』らへんを紹介しようかなと思ったけれど、たぶん陸野くんがやりたがってると思うので遠慮しときましょう。

今名前が出た『はじめてのあく』を含め、昨今のマンガ界隈には「如何にして他者とコミュニケーションを成立させるか」というテーマを基底に持つものが少なくありません。まぁぶっちゃけある程度真面目に青春や恋愛を書こうとすると必然的に拾わざるを得ない話題ではあるんですが、いちエッセンスではなくテーマのレベルで扱う作品が増えてるのは傾向として認めていいんじゃないかと思います。みんな大好き(異論は認めない)アフタヌーンにおいては、『友達100人できるかな』や『ハックス!』、多少強引なところで『ぢごぷり』なんかもカウントしてよいかと。(俺はマンガに詳しいぜみたいな威嚇をするとか本当に大人気ないねこいつ。)

んで今回紹介するのは「ツンデレは病気」というはっちゃけたコンセプトで話題騒然の『百舌谷さん逆上する』です。
軽くあらすじめいた要約をしてみます。
>>続きを読む
放課後ウインドオーケストラ@とみ
せっかく漫研のブログなのですから、漫画に対する想いの丈をぶつける場があってもいいと思う。
というわけで、新カテゴリ「レビュー」創設。



とりあえず最近レビューした漫画があったので自分のブログから
加筆しつつ転載‥‥。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ジャンプSQ.で連載していた「放課後ウインドオーケストラ」、
昨日読了しました。
宇佐悠一郎先生作。



最終巻である4巻には大幅に描き下ろし完結編が!
打切後にも作家がそういう風に執念で食い下がれる部分を
編集側はこれからも残していってほしいです。

今作の担当はDアサだったらしいのでそこらへんは信頼してましたが。
さすがDアサ。


この漫画、高校吹奏楽部漫画なんですが。
すっげー地味です。バトルとか全然ない。
(ここで「当たり前だろ」と突っ込めないのがジャンプの怖いところ

しかも何か知らんけど絵柄も古いっていうか、古風?
僕はこの絵がとてもとても大好きだけどな!



でも、なんかすげー青春なんです。「何かに打ち込む漫画」というか。
吹奏楽に関しての描写もスゴく丁寧で、
なんかスゴく懐かしくなりました。

(僕は吹奏楽部に所属してたことはないのですが、
中学時代に合唱部のお手伝いでコンクールに出たことがありまして)


キャラクターも非常に1人1人生き生きしてて気持ちがいいです。
奔放アルトサックス少女、唯のギャップにだいぶグラっと来るものが。


漫画の中で語られるモノの考え方とかも僕には結構ツボでした。
まぁヌルい感情論っちゃヌルい感情論が多いんだけど。
いや、僕はそういうのが好きだし、まぁそういう考え方があってもいいじゃないと思うのですよ

(それがヌルいというのだ


モノの考え方‥‥たとえば、そうだなぁ。

最終巻コンクールでの山岸のおっちゃんとか。
「人生において、これだけ長い時間を、それも同じメンバーで
たった一曲のために費やすのは、この時期にしかできない。
そしてそうしてつくられた音楽は、舞台で紡がれるそばから消えてゆく。
本当に贅沢な演奏だ」、的な話。に、感動。


「どんな未来を想像したっていいじゃない。
だって私たち 若いんだから」




この漫画、高校卒業した僕が最終回まで読んで
ほぉぉぉとなっているけど、
もし僕がもう少し遅く生まれていて、
高校時代に全部読み切っていたら、どうなっていたんだろうな。
全然違う感想を持つ気もするし、同じ感想を持つ気もする。

のだめも面白いけど、けいおんもかわいいけど。
こういう青春吹奏楽ものも読んでみてほしいですー。
吹奏楽やってた人にも結構オススメします。


バトルと派手な演出で圧倒するタイプの多いジャンプ漫画の中では、
空気感をよく出した非常に良い漫画だと思います。
そこはSQ.GJと言うべきでもあるか。
ていうかここまで絶賛してるけど、
嘘みたいだろ、新人漫画家の1作目なんだぜ、これ。


‥‥えああ!?女性!?マジ!!?




とりあえずAmazon置いておきますね。
http://www.amazon.co.jp/%E6%94%BE%E8%AA%B2%E5%BE%8C%E3%82%A6%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%A9-1-%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E5%AE%87%E4%BD%90-%E6%82%A0%E4%B8%80%E9%83%8E/dp/4088745604/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1254324765&sr=8-1


ていうかみんな読もうよ!部室にも置いてあるし、
言われたら部内外問わず貸すよ!




僕たちの青春はもうすぐ終わるから、だからこそ、
これまで過ごした日々を振り返らなければいけないんだよ(キラキラ




俺のバトルフェイズはまだ終了していないぜ!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




‥‥なんかテンション高いな。

過去の転載って結構アレですね、恥ずかしいわー。
いや、最近の記事のハズなんだけど。


こんな感じで、レビューするものがあれば一言でもこの記事に寄せてくれると嬉しいです。
copyright © 2017 Powered By FC2ブログ allrights reserved.