FC2ブログ
東京学芸大学漫画研究部blog
東京学芸大学漫画研究部の告知ブログ
200909<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200911
辣韮の皮@富山伸彦
少しだけ間が空いた気がするので自重せずにレビュー。

昨今のマンガアニメの中には少なからずオタクなキャラが登場しますね。今期でいうなら「生徒会の一存」とか。ちょっと前でいうなら「らきすた」とか。その背景にはメタ性とか感情移入のしやすさとかオタクの青春への憧れとかいろいろな要因があるんでしょうけど、そういうオタクの自己慰撫を正当化する流れを作ったのはおそらく「げんしけん」だろうと思います。

ゆるい文化部なりの青春像みたいなものを描いた最初の作品はおそらく「究極超人あ~る」ですが、その頃はまだパロディとしての屈折を持っていました。サンデーらしい話です。
そして源流がそこにあるとしても、それが明確な流れとして表面化するのは2000年前後、要は社会が広くオタクというものを認識しだした時期です。エヴァブームなんかの存在も大きいでしょう。(実は90年代初頭にオタクの用心棒という作品もありましたが。)
「進め!!聖学電脳研究部」や「全日本妹選手権!!」、「妄想戦士ヤマモト」なんかが当時の作品では有名な部類でしょうか。基本的にこれらの作品はオタクであることを一種のギャグとして扱い、ギャグマンガらしい過剰な所作とオタクネタのエッセンスで共感と笑いをとるつくりになっていました。
それらに比べると「げんしけん」は恋だったり対立だったり成長だったりみたいな青春臭いエピソードを織り交ぜた、わりと直球な群像劇としてヒットしました。ギャグとして屈折せずにオタクの楽しさを全肯定するようなつくりになっているあたりが特異さであり魅力でもあるのでしょうね。本当にオタクをこじらせている人間からすればなんというかウザいですよね。「こみっくパ~ティ~」なんてゲームもありましたね。
「げんしけん」が描いた楽しさから青春の痛みを脱臭し、萌えキャラを交えることでライトに楽しませるようにしちゃうあたりが最近のオタクを描く作品が持つ限界なんだろうなぁ、とか思います。

さて、そんな中で今回紹介するのは、2000年にスタートし、先日ついに完結し最終巻が出たオタク四コマ、「辣韮の皮(らっきょうのかわ)」です。ある意味でゼロ年代と並走しきった作品とも言えますね。
>>続きを読む
スポンサーサイト



copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.