FC2ブログ
東京学芸大学漫画研究部blog
東京学芸大学漫画研究部の告知ブログ
201109<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201111
新学期がはじまって1週間@くろみ
こんにちは、最近天気が微妙によくないですね!くろみです!
大学はじまったねー、実は1週間くらい前に始ってしまったね学校!みなさんいかがおすごしですか?
私は元気に今期も単位をかっさらいに行こうと思います。よい子はちゃんと若いうちからかっさらっておくのですよ。せめてもの助言ですいえいいえい。

さて、みなさんお待ちかねの小金井祭もどんどん近付いており、それに向けて部員の皆さんは各々作品を鋭意製作中のことと思います。
作品づくりといえば、2011年秋アニメもすでに2話3話が放送され、みなさん、プロの作り手によるこれらのアニメを拝聴してのお勉強もきちんとしていることだろうと思います。
また、私たちものづくりの視点から見て、最近よくささやかれる「規制」というものはとても興味深いものなのではないのでしょうか。
私は最近アニメを観る際どの程度の露出にどのような規制という処置をほどこすのかとても注意して見ておりますが、やはりそのあたりの取り決めはまだきちんとなされていないのか、女子があられもない姿になった際全身が発光したり白で画面がほぼ9割埋め尽くされ、そのしぐさと声(若干の規制により無音の場合もあり、)から見る側の想像力を大変かきたてて、BDやDVDのDC版への購買意欲を掻き立てるものもあれば、隠したり隠さなかったり、あるいは局部だけ発光するなど、ある意味露出狂的な、全く別の意味でさらに卑猥に感じてしまうような処置を施すなど、むしろ規制してもなおそのエロチズムを隠さない、見る側へのささやかな配慮であると言わんばかりの修正もありますね。
強いられての規制と思いきや、むしろそれをうまく使いこなしていたり、細やかな心遣いすら感じてしまうのは、さすがプロ!わかってるねえと感服せざるをえないようです。
私は個人的にはあまりアニメ数自体はこなしておらず、見ている方に比べて知識も見解も浅いですが、作り手として、無駄に女の子の肌を見せたがるアニメもなかなか興味深いものであると言わざるをえないでしょう。

そのように考えるとやっぱりアニメというものは奥が深いですね!ただ絵柄やストーリー、声優の演技を楽しむだけでなく、自分たちにとっていかに(拝見することで)利益になるか、自分の力にしてしまうかを考えるとまた別の楽しみ方もでてくるのですね!
やっぱりアニメは最高だぜ!!!

とりあえず、根は詰めすぎず、たまに息抜きにみんな!アニメみようぜ!!
スポンサーサイト

テーマ:大学生活 - ジャンル:学校・教育

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.